紫外線を浴びるとなぜシミができてしまうのか

シミのできる大きな原因が、紫外線です。紫外線ダメージを受けた肌はシミができやすくなってしまいます。

肌が紫外線を受けるとシミができてしまう原因が、メラニン色素です。
メラニン色素は紫外線ダメージから肌内部の細胞を守るために働く重要な役割を担っています。
しかし、紫外線を浴びすぎるとメラニン色素が多く分泌されてしまい、体外に排出されず肌の奥にそのまま残ってしまいます。
これが蓄積されていくと、シミとなり肌の表面に現れてしまうのです。

このように、紫外線はシミを作り出す大きな原因です。目に見えないダメージのため、いつの間にかできてしまったというケースも少なくありません。
可能な対策法が、日焼け止めクリームの使用、保湿を中心とした肌ケア、UVカットグッズの使用です。
紫外線から肌を守り、シミを作らないようにしましょう。