対称性真皮メラノサイトーシスとは

対称性真皮メラノサイトーシスは、シミの中でも新しい形のものです。
普通のシミは表皮内でメラニンが増えていきますが、対称性真皮メラノサイトーシスは肌の奥深く、真皮内に増えていきます。

肝斑と同じく左右対称にできるのが特徴で、ほほや額に現れます。小さなシミが集まってできるので、そばかすや肝斑と見間違うケースも珍しくありません。
診断が難しいシミで、他のシミと合併することもあります。医師でも診断が難しいのが特徴です。
治療はレーザー照射が主で、症状を見ながら定期的な診察と治療を行っていきます。

シミの中には季節によって薄くなったり濃くなったりという変動が起こることもありますが、対称性真皮メラノサイトーシスは変動が少ないシミです。