肝斑の再発を防ぐ予防法

肝斑は女性ホルモンのバランスの乱れにより現れる確率が高いシミです。予防法としては、ホルモンバランスの乱れを整える方法が効果的です。

女性ホルモンと似たような働きをする成分として、大豆イソフラボンがあげられます。
豆乳や豆腐、納豆、味噌など、大豆を原料とした食品を摂取することで、体の内側からホルモンバランスの乱れを予防できます。
また、ストレスもホルモンバランスに大きく関わってきます。ストレスを溜めない生活を心がけるようにしましょう。

紫外線予防も大切です。肝斑の元となるメラニンは、紫外線を浴びることで増加し、シミとして肌に現れてきます。
紫外線量の多い時期は日焼け止めクリームやUVカットグッズを使用し、肌に紫外線が当たらないように気を付けましょう。