肌の調子やメイクの濃さでクレンジングを使い分けてみよう

肌の調子やメイクの濃さでクレンジングを使い分けてみよう

クレンジングには様々な種類のものがあり、配合成分や洗浄力も異なります。
洗浄力が高いからといってオイルタイプのクレンジングばかり使い続けていると、肌に必要な皮脂まで洗い流されてしまい、やがて肌は慢性的な乾燥に陥ってしまいます。
このようなことを防ぐために、クレンジングは肌の様子やメイクの濃さを見ながら使い分ける必要があります。

濃いメイクはアイシャドウやアイライン、マスカラなどが施される目元が多いです。濃いメイクが施された部分は洗浄力の低いクレンジングではなかなか落ちません。
このような部分だけ、オイルタイプのクレンジングを使い洗い流し、他のメイクが薄い部分はクリームタイプやミルクタイプなどのクレンジング剤を使用しましょう。
肌が不調な時は、あらかじめメイクを薄くしておき、肌への負担が少ないクレンジングを使用するようにしましょう。