睡眠の質を客観視するために…『睡眠記録』ツールでなにができる?

睡眠の質を客観視するために…『睡眠記録』ツールでなにができる?

質の良い睡眠を確保することは、健康に過ごすため、
また、日中の仕事の効率を高めるために重要なことですよね。

でも、自分が良い睡眠をとれているかどうかってよく分かりません…

睡眠の質を客観視するためには、「睡眠状態の記録」ができる
ツールを使うのも一案ですよ。

例えば『枕もとに置いておく』タイプのものや、
『寝ている間腕に巻きつけておく』もの、『スマホアプリ』などで
睡眠記録を取ることができるのですが、
「入眠までにかかった時間」「レム睡眠、ノンレム睡眠の時間や割合」
「起きるまでにかかった時間」「心拍数」「総睡眠時間」
などを記録することができるものが多いようです。

これらの情報を客観視することで、
どういう過ごし方をすれば質の良い眠りを確保できるかが
だんだん分かってくるんですね。

精度面で言えば「体に接触させる」タイプのものが良いみたい。
睡眠の質を高めたいなら試してみる価値はあるかも!?